crosstalk
社員対談
社員対談

坂本 楓

大学でデザインを学び、新卒でヴィップスに入社。常に何か作ったり勉強したりしていないと落ち着かないので、前世はたぶんマグロ。積読本が増えすぎて成層圏を突破しそう。
社員対談

藤間 邦弘

作業着と言えばXEBEC、ギターといえばバスカリーノというこだわりのオサーン。プログラム言語なんか動けばなんでもいいわ、というこだわりの無いダメンジニア。
社員対談

中村 晃大

中村。製造業で営業職を4年やってからプログラマーに転身。根が陰の者なのでシステムの仕事に居心地の良さを感じている。最近はとりあえず鬼滅の刃を見ている。ねずこ超可愛い。

俺がもっといいシステムを作る!

皆さんがVIPSに入社した理由や、きっかけを教えてほしいなと思います。

藤間 もともと、運送屋さんで働いてたんだけど、ある時導入したシステムが、ダメダメで。 「どんなふうに使うか想定してないの?」っていう作りでしたね。だったら、「俺が作ろうかな、俺作れるんじゃない?」って。当時は、コンピュータなんて使わず、全部「紙」。自分でコンピュータを買って、Excelで管理し始めました。VIPSに入社するまで、何社か経験したけど、もともとIT業界に入ったきっかけは、これかな。コンピュータが好きだったし、プログラミングは、子どもの頃に経験したこともあって基礎はできてたのかもしれないね。

中村さんも転職組だけど、IT未経験で入社しましたね?まず、なんでIT業界を選んだの?

中村 どうせ転職するなら、(前職が)景気のよくない業界ということもあり、業界も職種も変えよう、って考えてました。前職では営業職でしたが、エンジニアもやりたいことの一つでしたし、IT業界でエンジニアになろう!と。

IT企業は、他にもたくさんあったと思うけど?なぜVIPSに決めた?

中村 他に内定をいただいた会社もありました。この業界に詳しい友人に、求人情報等を見てもらったんですよ。 友人は、「プライム案件が多い」という理由で、VIPSをかなり推してましたね。僕としては、それに加え、内定が出ている会社よりも、 「勤務時間が短い」ということも決め手になりました。

坂本さんは、新卒入社ですが、就活時代、軸としていたものは?

坂本 大学でデザインを学んでいたので、それを活かせること、先のある業界として考えた時、「IT業界」という 軸で就活をしていました。VIPSを選んだのは、中村さん同様、「勤務時間」。正直なところ、残業が多すぎないということも、会社選びのポイントでしたし、ホワイトめな会社がいいな、と考えてました。

他に選考を受けていた会社も、そんなに残業多くないでしょう?

坂本 比較していた会社が、Webデザイン系の会社だったこともあり、「残業が多い」というより、「帰れない」というところもありました。
社員対談
社員対談
社員対談

任せてもらえる、だから頑張れる

実際のところ、入社してみてどうでした?やりたかったことは、叶えられてますか?

藤間 「やれと言われたことは、何でもやる、かつ、それを楽しくやる」それが全て、それしか考えてないですね。だから、自分がイメージしたように流れを持っていく。VIPSは、それができる会社だと思いますね。もちろん、「こうしなさい、ああしなさい」というのもあるけど、基本は自由にやらせてもらえるので、自分のやりたいように進めてきました。成功しないと怒られますけどね(笑)

入社時から、やりたいようにできるのですか?

藤間 それは、人にもよるかな、と思います。他社で場数を踏んできたので、そこそこ何でもできる実力はあったかなと思います。社内で使うツールなんかも、最初はなかったのですが、「皆がちょっとでも楽になるように。効率化できるように。」なんて思いで、考えて作ってみました。まぁ、仕事というよりも趣味でやっているところもありますね。そう考えると、ある意味、天職だと思う。基本、楽することしか考えてないからね(笑)で、その手段がIT、システムだったということかな。

中村 僕は、前職が営業職ということもあり、エンジニアになっても、お客様と接点は持ちたいな、と思っていました。

藤間 今、結構、直接お客様とやり取りしてるよね?通常は、1年目ではやらせないけどね。でも、できちゃうから。

中村 その点は、自分でも感じているところです。こんなに早く、任せてもらえないだろうなと思ってました(感謝)

藤間 誰にでも任せるわけじゃないんですよ。任せても大丈夫だな、と思った人には、早いうちからやらせます。ちゃんと見守ってますよ。最近は、ほったらかしだけどね(笑)

中村 藤間さんは、ほんと何でも知っててすごいと思います(感心)

藤間 だって、知らないと困るでしょ?もちろん、知らないものもあるよ。でもそれは、皆で補えあえばいいんでね。

中村 他社の知り合いに話を聞くと、長い間、テスト作業等の一つのフェーズの作業が多いらしいんです。なので、僕は、すべてのフェーズに関わることができて幸せだと思います。

藤間 もちろん、仕事のタイミングにもよるけど、いろいろ携わった方が面白いでしょ?社内開発だから、できるという強みでもあるかな。

坂本 私は、全体の流れが俯瞰できるところで仕事をしたい、という思いがありました。自分が何をやっているかわからない状態で「これやって」って言われたものをやるのが嫌で。今回の採用サイト制作もそうですが、「こういうのを作りたいんだよね」というお題があって、それに対して自分が提案していく、というスタイルが心地よく、とても楽しいなと感じます。完全に丸投げということではなくて、しっかりとサポートしてくれているという安心感もあり、居心地がいいな、と思っています。

自分の時間

若手のお二人は、VIPSへの入社を決めた理由に「勤務時間」がありましたが、働いてみてどうですか?

中村 納期の関係で、今はちょっと残業してますね。ただ、終わりが見えているのと、このくらいの残業は、どこでもあるかな?という感じです。

坂本 普段は、ほぼ定時で帰ってますが、最近は、少し残業してます。というのも、採用サイト制作に、自分のやりたいことを盛り込みすぎている、という感もあります(笑) どうせなら・・・妥協したものは作りたくない、という思いです。ただ、友人らの帰宅時を見ると、自分は本当に早く帰ってるんだ、と実感してます。

休日は、ゆっくり過ごせてますか?

藤間 針治療に勤しんでおります。後は、2時間ドラマ観たりね。

中村 バンド活動に勤しんでおります。土日のどちらかは、スタジオにこもることが多く、その他の日は、スノボに行ったり、飲みに行ったり。好きな時間を過ごしています。

坂本 最近、いろいろ始めましたね。スポーツジムや、デッサンの教室等。今は、展示会やイベントのための作業等、土日も仕事してるみたいです(笑)